AIのもととなった技術はかなり昔から脈々と受け継がれ

人工知能と協働するようになっていくだろう

人工知能やいわゆる人型検索
ターミネーターに関わらず、機械が自己意思をもって制御できなくなり、人類にとって不利益なことを行う、というリスクは常に話題にあがります。それに対しては、設計次第と片付けたいのですが、ただしディープラーニング含むニューラルネットワークや遺伝アルゴリズムなどは内部でどのような手続きが行われているかはブラックボックスです。穿って言えば、目的さえ実現出来れば手段は問わない、というスタンスです。勿論そこは設計でカバーするのでしょうが、そこは人間の判断によるものであるため、ヒューマンエラーという一抹の不安はなきにしもあらずですもし、その設計が完璧だったと仮定した場合でも、スカイネットのように意識を持つ可能性はどうでしょうか?

カーツワイルの書籍では、人工知能に特化したわけではなく、遺伝学、ナノテクノロジー、ロボット工学の3つのテクノロジーが鍵となっていますが、最終的に地球資源を食い尽くして宇宙全般に染み渡るという表現をしており、そうなるとどうしても(少なくとも凡人にいかがわしさが感じられてしまうのです。
決してカーツワイルを批判する意図はなく、今までの功績(発明家としてアメリカ大統領から勲章も受領)を鑑みると、安易に全否定することは出来ません。
人工知能の歴史の分岐点に立っていると行っても良いでしょう

人工知能のアプローチです

おそらくカーツワイルの頭の中ではきわめて理性的な思考と想像力を積み重ねた上での論理的帰着なのだろうと想像します元々物理学の世界で生み出されたシンギュラリティという言葉は、ブラックホールの内部など光の届く範囲外で「原理的に想像出来ない領域のことを意味しますUFOや超常現象と同じ次元で楽しむのは自由ですが、それを信じるかどうかとなったとたん神学論争に陥ってしまいます。

人工知能が完成したら自分発信の産地直送者として


人工知能が出てくれば人類が知り得ない方法において

その意味で、個人的にはシンギュラリティが訪れるかどうか、という類の議論は避けたほうがいいと思います。それよりも、先ほどの例で触れたように、現在の生活で我々が接点を持つ人工知能にっいての是非を論じたほうがよっぽど生産的です。
その他にも、機械が意思を持ち、挙句の果てには人類を敵とみなして殺戮するというおなじみのストーリーがあり、1984年に公開された映画「ターミネーター」がその代表例です。このシリーズ最新作「Genesis(新世紀)」が2015年に公開されました。元々のストーリーでは、1997年に軍用コンピュータ管理システムスカイネットが突然意思をもって人類に牙をむく設定でしたが、最新作では、スカイネットのOSにあたる「Genisis」の起動が新たな審判としていずれ人類を襲う、という設定になっています。
コンピュータやネットワーク機器を使う以上

AIによる医療革新

ターミネーターに関わらず、機械が自己意思をもって制御できなくなり、人類にとって不利益なことを行う、というリスクは常に話題にあがります。それに対しては、設計次第と片付けたいのですが、ただしディープラーニング含むニューラルネットワークや遺伝アルゴリズムなどは内部でどのような手続きが行われているかはブラックボックスです。穿って言えば、目的さえ実現出来れば手段は問わない、というスタンスです。勿論そこは設計でカバーするのでしょうが、そこは人間の判断によるものであるため、ヒューマンエラーという一抹の不安はなきにしもあらずですもし、その設計が完璧だったと仮定した場合でも、スカイネットのように意識を持つ可能性はどうでしょうか?

AIの集合体冒険が終了する


ロボットが作れるようになるかもしれない
我々人間含む生命体を人工的に作り上げることで、その構造を解明しようとする「人工生命」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?この言葉は、クリストファー·ラングトンというアメリカの計算機科学者が名づけましたが、歴史上初の取り組みはあのノイマンから行われていると言われています。そして人工生命を実現する手法の1つが、本書にも登場した遺伝アルゴリズム(自己プログラムに変異を意図的に与えて正解に近いパターン群に絞っていくことで進化をシミュレートする手法)なのです。
人工知能の歴史の分岐点に立っていると行っても良いでしょう

人工知能や相手は止まっているのかそれとも遠ざかっているのか

ここで生物学的な見地での生命活動について説明しておきます。生命の定義は未だに確立されてはいませんが、有名なダーウィンの進化論は健在です。突然変異で環境適応出来た種のみが、生命体として地球上で長く生きながらえているという自然淘汰プロセスのことです。種を子孫につなげるとは突き詰めるとDNAの継承に還元されます。

Tagged as: ,