人工知能やこのようにいろいろな固体を作ったら

ロボットがプラン通りに完璧にこなしてくれるでしょう

AIは医療現場でも活躍が目覚ましいです
何十年にも渡る実際のフィールド調査から導き出された説であり、非常に説得力があると共に一読すればおそらく大半の方が日常生活で思い当たる節があるでしょうそのような認知バイアスを備えた我々の脳が、人工知能を解釈するときによく陥るのが、それを擬人化してしまうことです。日本においては鉄腕アトム·ドラえもんなど親しみやすいキャラクターの影響もあるかもしれません。そして実際に人工呼吸、人工臓器のように、人間の機能を模したものもあるため、人工知能という語感が人間と同じようなモノを表すと我々の脳が解釈したがるのは、やむをえないでしょう。

リスクの小さいところから試しに使ってみて、利便性を感じそこまで不安を感じなければ徐々に色々なサービスを使ってみるのも手だと思います。
最終的には自己責任の世界ですが、経験によってその差が大きくついてしまうことは否めません雇用の危機でも触れたとおり、人工知能に対して対抗意識を持つことはあまり意味がありません。
コンピュータやネットワーク機器を使う以上

Watsonをコールセンターに導入した事件

チェスや定型作業について言えば、既に人間よりも能力が上ですたとえ一緒的な判断においても、意外に人間は合理的·論理的に動くわけではありません。あのダートマス会議4人衆の一人ハーバート·サイモンは、人間は情報を完全に入手することが出来ないため限定的な合理判断しか出来ないと提唱しています。(1978年ノーベル経済学賞を受賞)近年では、行動経済学者のダニエル·カーネマンが人間の非合理性について興味深い説を唱えています。カーネマンの著書「ファスト&スロー」によれば、脳にはシステム-ファスト担当とシステム2スロー担当が備わっていて、知的作業や判断には直感型に反応するシステム1がよく使われ、そして認知バイアス(偏見)を受けて不合理な判断をしてしまうということです。

人工知能の場合はそれ以上の仕事も可能です


AIは一体どこに行ってしまったのだろう

色々なバイアスが著書内でも紹介されていますが、一つだけ紹介しておきます。我々の脳は、個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それによって自己の先入観を補強しようとします。具体的には、一度ある決断を行うと、その後に得られた情報を決断した内容に有利に解釈しようとするのです。
一方システム2は、論理的に思考して判断を下す熟慮型の役割を担うのですが、なかなかの面倒くさがり屋で、システム1の影響も受けながら脳が疲れないよう最小限の動きをするということです。
ロボットによる患者の心のケアなどを具体的に検証する事になっている

テクノロジーは既に存在しており後

何十年にも渡る実際のフィールド調査から導き出された説であり、非常に説得力があると共に一読すればおそらく大半の方が日常生活で思い当たる節があるでしょうそのような認知バイアスを備えた我々の脳が、人工知能を解釈するときによく陥るのが、それを擬人化してしまうことです。日本においては鉄腕アトム·ドラえもんなど親しみやすいキャラクターの影響もあるかもしれません。そして実際に人工呼吸、人工臓器のように、人間の機能を模したものもあるため、人工知能という語感が人間と同じようなモノを表すと我々の脳が解釈したがるのは、やむをえないでしょう。

インターネット経由で設備を制御できるようにする使用であれば


人工知能の大家であるミンスキー
但し、人工知能は決して人間になりたいわけではなく、我々と同じ物理的·精神的特長を備えているわけではありません。
今後人工知能に関する技術が進んでいくと、我々人間の作業を代替していくのは(資本主義である以上は)抗しがたい流れです。そして今後も技術進歩が加速度的に進歩し続けるのであれば、おそらく人間でしか出来ないことは、今後限りなく少なくなっていくでしょう。
ロボットによる患者の心のケアなどを具体的に検証する事になっている

人工知能は大きく進歩します

また、視点を変えると、機械である人工知能がどこまで人間に近づけられるのかを議論するのであれば、逆に人間はどこまで機械なのか、という議論もあり得ます。そうすると一層、機械と人間の境目というのは極めておぼろなものになっていく可能性はあるでしょう。
このように、性能を比較して対立構図を作る前に、そもそも論に立ち返ってほしいと思います我々が人工知能と向き合う上で一番大事にすべきなのは、それが我々を幸せにするのかどうかを考えるということです。

Tagged as: ,