人工知能のレベルには最新の深層強化学習テクニック

ロボットは楽しいでしょう

IoTの事例で最後に触れておきたい
その最も大きな問題点は、技術開発の「タコツボ化」です。
これは製造業だけでなく、専門分野が細分化された、理系·工学系の大学での研究開発においても同様のことが言えます。
それぞれが、いいと思うあるいは、興味のある商品開発分野に特化して開発しているのですがそれが本当に役立つのか、という市場ニーズの視点が欠けてしまっているのです。IoT¥A1の分野においても、いったい何のために、その商品、技術、システムを使うのかが、こちらは逆に明確すぎて、広い範囲でのいわゆる「汎用性」が不足している、という問題があります。

IKEAの商品開発においても、ユニバーサルデザインを取り入れることにより、いかに障害者にとっても使いやすい商品であるかが検討されるようになり、その結果、シンプルかつ美しいデザインが生まれたのです。
そのほかにも、イームズという有名な椅子があります。
人工知能ユニット群が生み出す豊富なエネノレギーにより

コンピュータシステムが導入されているため

合板を加工して作ったイームズの美しいデザインは、戦争中に足を怪我した人のために、従来の金属製の添木が余りに冷たく使いにくいということから、合板を使って開発依頼されたものであり、それが現在のイームズのデザインの原点なのです。
さらには、日本のファンケルという化粧品メーカーでは、視覚障害の方の知見を活かし、シャンプーとリンスの形状を四角と三角にすることで、シャンプーしている際に目を閉じている時でも、手の感触で区別ができ、シャンプーとリンスを間違えずに使える工夫をしています。
ここに挙げたものは、ごく一部の例に過ぎません。既に欧米、とりわけ北欧では、産官学の共同でラボ(研究所)を設置し、商品開発の際に「障害者の使い勝手を調査してその知見を活かす試み」が、既に20年前から実施されてきています。

AIがその人の病状やこれまでの行動などから


ロボットはスタートラインで考え続ける

日本でも、同様の取り組みを、今度は、IoT、AI、インダストリー4.0の分野で世界に先駆けて実現したい、という考えが、スマート·インクルージョン研究会が提唱している「インクルーシブ·スマート技術」という考え方なのです。
1oT/A1の技術開発に必要な知的障害者の視点ここ数年、日本の大手家電メーカーが海外の会社に買収される、ということが相次ぎました。無論、もともと日本という市場の中に5S7つもの「総合家電メーカー」があること自体、普通ではなかったので、この流れはある意味当然の結果とも言えますが、しかしながら、そこには今の製造業を含む、日本の企業の問題点が浮かび上がっています。
コンピューターの適用判断

AI明らかにイライラしている

その最も大きな問題点は、技術開発の「タコツボ化」です。
これは製造業だけでなく、専門分野が細分化された、理系·工学系の大学での研究開発においても同様のことが言えます。
それぞれが、いいと思うあるいは、興味のある商品開発分野に特化して開発しているのですがそれが本当に役立つのか、という市場ニーズの視点が欠けてしまっているのです。IoT¥A1の分野においても、いったい何のために、その商品、技術、システムを使うのかが、こちらは逆に明確すぎて、広い範囲でのいわゆる「汎用性」が不足している、という問題があります。

人工知能研究にはふたつの方向性が与えられていた


人工知能が学習したパーソナルデータを元
また、IoT¥A1においても既存の自社技術を活かす、という視点のみに立脚し、トータルでの社会の自動化、という視点がないために、結局は単発技術の開発となり、他のよりネットワークに連動したサービスに負けてしまう、ということになってしまっているのです。
では、どのような視点で、技術開発をすればよいか?
視点から開発する」ということなのです。
その答えこそが、「障害を持つ人たちの障害者のニーズは、個々の障害の区別はあったとしても極めて明確であり、それこそが、社会の自動化という課題を解決する手段そのものなのです。ただ、そうした視点からの技術開発は非常にハードルの高いものになるといわざるを得ません。そして、だからこそ、日本の製造業が今チャレンジすべき目標ともなりうるのです。
人工知能ユニット群が生み出す豊富なエネノレギーにより

人工知能AI導入企業ランキング

欧米の「ヴィジョン型の経営」が、テクノロジーの進んだ今、非常に力を発揮しています。ヴィジョン型とは、理想を掲げ、「こうあるべき」という明確な目標とヴィジョンを掲げて進んでいくやり方です。
日本の多くの企業はどちらかといえば、日々の業務の改善·改良を続けていく中で、現場から積み上げる、いわば「オペレーション型の経営」をしています。ですから、ヴィジョンという日本人の感覚からすると「絵空事」のように思える「理想」を自ら構想し、実現するという故スティーブ·ジョブズのような経営は中々できるものではないのです。
しかしながら、この障害者の視点という高いハードルは、理想であり、ヴィジョンに近いものだと言えます。しかも、いる、「顧客ニーズ」そのものでもあるのです。

Tagged as: ,