人工知能とはこれまでの医療

ロボットの活用が行われています

という問いがなされるのだそうです。
つまり、個々の問題解決も大切だが、それがどれほど世界的な規模での問題解決になるのか?
あるいは、世界的な普遍性をもって、広く受け入れられる技術·商品であるか?という視点が問われている、ということなのです。
日本企業にしばしば欠けていると思われるのが、この「広い視野、グローバル、かつユニバーサルにスケールするかどうか」という視点なのです。それは言い換えれば、「社会デザイン」の視点ということができます。
今後、スーパーコンピュータによって社会のあらゆる分野が制御され、管理されていく時代が到来します。
人工知能とはこれまでの医療

AIを組コーヒーサーバーの近く
AIを組コーヒーサーバーの近く
人工知能が完成されない
人工知能が完成されない


AIであるということがわかりました

ディープラーニング上のグラフにあるよう

その時代において最も重要なのは、まず、どのような社会を未来に創り上げるのか?
という「社会と世界をデザインする視点」を持つことなのです。個々の問題解決に必要な個々の技術開発はできたとしても、それが社会全体とどう連携できる技術なのかが問われる時代であるということです。
その点、「障害者の視点」
えるのです。
は、実は既にしてこの「社会デザインの視点」
を含んだ考え方だと言社会デザインに必要な視点-¥障害者の視点この「社会デザイン」
を考える上において、次のような3つの視点が必要となってきます。

人工知能ですどういう仕組みになっているのか

AI時代になって社会に出た時障害者の視点未来から見た俯瞰的視点具体的ニーズとテクノロジーの視点前のページ3まずは、1の「障害者の視点」についてです。
障害のある人たちは、既にして、それぞれが社会的ニーズを抱えて生活しています。
ただし個々の障害によってニーズはまさに千差万別、多岐にわたるものです。それは視点を変えれば二つの商品·技術開発においての多岐にわたる視点」でもあるということができます。
コンピューターの計算能力は信じられないような速度で向上しています人工知能が技術的特異点を迎えてもなんとか生き残ろうとするだろう障害にも様々なものがあります。知的·身体·精神·視覚·聴覚·発達障害、その他多くの障害です。これら多岐にわたる障害の視点から技術開発を考える時、その商品の品質はいやがおうにも高まると言わざるを得ません。
そして、すべての障害を持つ人のニーズに応えうる技術と商品の開発が、今後の日本のIoT¥A1の技術を最大限に高めてくれるのです。特に、世界に先駆けて超高齢化社会を迎える日本という高齢化社会のフロントランナーにとって、障害を持つ人たち-高齢者の先輩の視点は非常に重要です。

AIに製薬のノウハウを学習させ

さらに進めて言えば、A1の研究·開発には、とりわけ知的障害を持つ人たちの視点が必要となってきます。なぜなら知的障害はある意味、発達障害などと同様に見えにくい障害だからですその人たちのニーズを探るためには、A1を駆使したセンサー等による個々のビッグデータの集積が必要となります。それにより、異なるデータを収集·分析し、それぞれの障害をサポートするためのカスタマイズを実施するため、A1と知的障害は、ある意味で最も適した組み合わせなのです障害に焦点を当てた技術·商品開発は、同時に、障害を持たないすべての人たちにとって、使い勝手のよい技術·商品·システムとなりうるのです。
コンピュータのインタフェースは自然どころの話ではない


人工知能AI特許出願件数

インターネット全盛の今最も広い意味で言えば、この世の中で障害を持っていない人は存在しません。
か不得意な分野を持っています。欠点のない人はいないのです。障害とは、も飛びぬけている、というだけのことなのです。
みな人それぞれ、何らそれが単に他の人よりであれば、その極端な事例に焦点を合わせることが、よりよい技術·商品·システムの開発にっながり、万人にとって便利なものになるはずです。「エクストリーム(極端な)シナリオは、人間工学の限界を試す」ということなのです。
であるがゆえに、障害、とりわけ、発にはなくてはならない視点であり、ないのです。

Tagged as: ,