プログラマーの想像力の範囲でしか動いてなかった

AIElectricGE

ロボットがなぜ停止していたかを知る
TED(TechnologyEntertainnentDesign)は、多様な背景を持つ人の素晴らしいアイデアを広めることを目的としており、18分以内というルールのため非常に発表内容がコンパクトで分かりやすいです。カーツワイルなど、人工知能の権威と呼ばれる人もこの場で発表しています。こちらがTEDサイト日本語HPも併記で、「AI」と検索すればヒットしますので、ぜひ試してみてください。

日本でも、政治家や芸能人の発言が前後の文脈なく刺激的な箇所だけキャッチコピーにする傾向がありますが、いずれにせよ大衆向けメディアでは起こりうることです結局は、我々消費者側が、その記事の根拠などを常日頃から疑う癖をつけながら、判断材料として摂取するしかないのだと思います冷静に議論の

·

個人がどう人工知能に向き合うべきか?
ここまでを通して、人工知能の過去そして現在、さらには今後の流れがおぼろげながらイメージ出来てきたのではないかと思います我々にとって重要なのは、人工知能という言葉でひとくくりにせずに、それを人間がどこまで制御可能なのかどうか、リスクを見極めようとすることだと思います。
人工知能の議論総括と今後の方針について語られました

人工知能が持つ同じような思考回路のこともそう呼びます

今までに、まさに人間そのもののように汎用的な知能を追及する「強いAI」、そして特定の問題解決を担う「弱いAI」に分けると、特に前者についてはやはり注意深く見張っていく必要はあると思います。
といっても我々は人工知能の研究者ではありません。従って、ここで具体的に出来ることとしては常日ごろより関心を持ち多様な意見を受けとめて自分の意見を持つことだと思います。

AIを活用した分析を行っています


ロボットを活用出来るかを考えていくことだと思います

例えば2015年7月にアルゼンチンで開催された人工知能学会で「人工知能を搭載した軍事兵器の開発を禁止すべき」との書簡が公開されました。書簡は人工知能研究者やロボット開発者などが共同で執筆し、ホーキンス·マスクといった著名人ら2万人の署名を集めました。下記サイトで誰でも署名する事が出来ますので、興味のある方はアクセスしてみてください。
但し、日進月歩で進歩する話題を収集するのも大変ですし、かつどうしても専門的な話が多いのも事実です。そこでお勧めなのは、TEDという国際的なプレゼンテーションイベントの閲覧です。
プログラムの交叉とか突然変異とか

インターネットが十分に立ち上がっておらず

TED(TechnologyEntertainnentDesign)は、多様な背景を持つ人の素晴らしいアイデアを広めることを目的としており、18分以内というルールのため非常に発表内容がコンパクトで分かりやすいです。カーツワイルなど、人工知能の権威と呼ばれる人もこの場で発表しています。こちらがTEDサイト日本語HPも併記で、「AI」と検索すればヒットしますので、ぜひ試してみてください。

ロボットはその異性について


人工知能によってすぐに模倣される
もし、もう少し人工知能のアルゴリズムなどを学びたいという人がいれば、無料のオンライン教育サービスを利用するのもお勧めします本書でも登場した元Googlexの研究責任者セバスチャン·スランはUdacity、同じく元Googleのアンドリュー·ソグはCourseraを立ち上げて、コンピュータサイエンスを中心とした教育活動を精力的に行っています。
UdacityサイトCourseraサイト次に、「弱いAI」についてGoogle検索やAmazonのお勧めなど、我々との接点は既にありますそこでの注意点は、各企業の個人情報の考え方をしっかり把握した上でサービスを利用することです。
人工知能の議論総括と今後の方針について語られました

ディープラーニングも初めて導入

本書のGoogleの取り組みで触れたサービスなど、(別にGoogleでなくてもよいのですが)もしまだ未利用の方がいれば、一度は試してみることをお勧めします。勿論このようなサービスを忌避する方がいるのは分かりますが、これからネットという向こう側の仮想社会での技術が、我々が住む現実社会と融合するデジタル時代にシフトしていくのは避けられないと思います。つまり、好むと好まざるとにかかわらず、人工知能にかかわるサービスとは今度どこかで付き合わざるをえないということです。PCリテラシーという言葉がありますが、同じく人工知能を使うにもリテラシーは必要です。そしてそれを高める方法は、習うより慣れろの世界です。

Tagged as: ,