コンピューターの適用判断

AI搭載と謳っているものもあります

についてですがここで重要なキーワードとなってくるのが「高度なセンサー&センター機能」です。障害および知的障害等のある人の状態を本人が自覚せず、自ら通告できない場合でもその状態を把握するためのセンサー機能とは、次のようなものです。
身体状態のセンシングウェアラブル:発汗、動悸、心拍数、呼吸回数などにより本人の危機的状況を把握する→自動通知システム予定ルートを外れた場合の警告、告知予定時間を過ぎた場合の警告、告知本人への音声等による、確認プログラム保護者、支援者との連絡システム位置情報による逐次の位置把握、移動把握移動支援者との待ち合わせ、2人の接触、コンタクトを自動的に保護者に通知する緊急時の自動応答連絡システムこのように、障害を持つ人の視点からのニーズは明確です。
コンピュータ開発は社会的な対応が後手にまわれば

コンピューターやシステムの開発に傾斜した
コンピューターやシステムの開発に傾斜した
ディープラーニングをすべてがこれに当てはまるとは限りません
ディープラーニングをすべてがこれに当てはまるとは限りません


ALphaGoアルファ碁には名誉九段が授与されています

AIや初歩的な学習能力を備えていたただ

この「具体的なニーズとテクノロジーの視点」からの技術開発は、ハードルは極めて高いものの、前述のように「エクストリーム(極端なシナリオは、人間工学の限界を試すがゆえに、十全なシステムの開発にもつながると言えるのです。
「社会の自動化」
にも求められる障害者の視点実は、技術的には、社会の自動化を実現するための基本的なテクノロジーは既に存在しており後は、それを集積·集約するだけという段階にきています。ただ、どのような方向性でそれを集積したらよいか、そのことを誰も明示できていないだけの状態なのです。

AIは私に属するものでもない

人工知能を実現する技術としてしかしながら、日本の悲しい後追いマーケティングの癖から多くの日本企業が抜け出せないでおり、今は、高度な個々の技術を持ちながら、世界の動向や流れがどうなるかが決まるのを、ただ見守っているだけなのです。ですが、動向が決まってから動いていたのでは、IoT¥A1技術の特性(すべてのものがインターネットでつながる)からして、”時既に遅し”ということになってしまいます。
では、「社会の自動化」とは、何を自動化させればよいのでしょうか?その答えは、「障害を持って社会に生きる人たちに聞いてほしい」と私は主張します。その答えを導き出すためには、繰り返し述べているように、障害者の視点が必要なのです。
ロボットのサポートが入り福祉全体のサービスの質が高まればAIチップを搭載した次世代障害者は、いずれは高齢者として様々な心身の障害を抱えるであろう我々すべての人間の先駆者であり、そのニーズは多岐にわたり、実現のハードルは高いがゆえに、高度な技術開発につながるという側面を持っているからです。
最後に、実際に今、スマート·インクルージョン研究会とHDT社が共同で考案·開発中の「Peertopeer-゜液晶ハブ」というシステムを簡単にご紹介しておきましょう。
このシステムは、まさに障害者の視点に立った、万人にとって使いやすい移動式ポータブルの液晶ディスプレイ(パネル)で、最大の特徴は、ウォータープルーフであること、零下20度でも動作すること、透明化が可能なことであり、屋外室内両方でのスタンドアローンでの使用が可能なことです。
さらには、次のような機能の搭載を目指しています。

AI研究に力を入れはじめ

視覚障害のための、音声ガイダンス機能聴覚障害のための、手話認識センサー機能知的障害のための、移動支援·迷子居場所特定機能UG1機能身体障害のための、車いすとの連動·道案内機能精神障害のための、安心·安全機能外国人のための、多言語案内機能言語障壁の克服国産最速スパコン+A1による統合制御によるこのシステムは、ウェアラブル端末とも連動·連携し、室内·屋外どこでも簡易にスマート化できることを目指しています。
コンピュータ開発は社会的な対応が後手にまわれば


コンピューターを使用して行っていた情報処理操作

AI断言してもいいつまり、この液晶ディスプレイさえあれば、どこでも簡単にスマート化できてしまうという画期的なシステムなのです。
今後スマート·インクルージョン研究会では、こうした障害者視点に立った!oT¥A1と連動した新しいシステムの研究·開発を支援していくことも一つの重要なミッションとして活動していきたいと考えています。
スーパーコンピュータによって統合される都市·地域今後、IoT¥A1の技術が発達すれば、次第にビジネスという視点から、社会インフラとしての位置づけを強く持つようになることが予想されます。

Tagged as: ,