コンピューターの計算能力は信じられないような速度で向上しています

ディープラーニングもニュラルネットを多層化

繰り返しになりますが、社会の自動化を実現する1oT¥AI技術においては、この「リアル.タイムという特性が極めて重要な要素であり、その点で、このTRON.OSがこれからの時代に最も適したOSなのです。
日本よ、千載一遇のチャンスを逃すな!
20年以上にわたり、組込み型OSとして生き残ってきたこの国産osを、今こそ日本政府は全力で、国を挙げて大規模な投資による支援をするべきではないでしょうか。またLinux同様、オープンソースとなっている特性も活かして、ちょうどiOSがWindowsに対してi。
テクノロジーが両立している

  • AIが自動的に構文を読みとり
  • 人工知能のように見える
  • 人工知能はつまり各脳細胞の数とそのつながり

ロボットが人間の治安を守りSの中でのWindowsの実装を可能にしたように、TRONによって「すべてのOSが機能する環境」を構築するべきですそれができれば、日本発のIoT¥Al技術による「第4の産業革命」の日本からの発信と、次世代成長産業のリーダーとして世界でイニシアチブをとることは不可能ではないでしょう。また日本のosは次のような理由から、他のosにはない優位性を持っていると言えます。
日本は幸か不幸か、国としてCIAのような諜報機関というものを公式には持っていない国です。
このインテリジェンスのなさは、それはそれで国を危うくするくらいの脆弱性ではありますが、一方では、「情報を取るためのセキュリティー·ホールを意図しない国柄と、とらえることもできます。

 

IoT問題ごとに違います

どういうことかというと、「情報を抜き取る」という国家的意思がない日本の基幹osが、今後社会の事実上のインフラとなっていく「IoT技術における安全性を担保するからです。つまり「安心·安全の社会基盤としてのos」の日本からの発信は、商業ベースの他のosを超える社会と世界のニーズとなっていく可能性があるのです。
AIとはまったく別のアプローチとして
プログラミング教育に携われる人材が大量に不足している事だ
人工知能を搭載した時代の変わり目
今グローバルでは、日本人のいわば「平和ボケ」とも言える一見お人よしで、他国からやられっばなしにも見える(実際やられっぱなしではあるのですが)特徴が、今後は社会の基盤を支える”安心と信頼の技術として世界に広まっていくかもしれないのです。
いずれにせよここまで述べてきたことは、日本が2020年の東京オリパラの後にも経済成長の軌道に乗り、より豊かで安心·安全な国としてあり続けるためにも、さらには、2020年までの残されたわずかな時間の中で、まったく新しい産業分野で日本がイニシアチブをとるためにも、必要な施策であると言えます。

 

テクノロジーの開発を推進している

こうした考えに基づく施策は、本来であれば東京都、あるいは国が主導して実践されるべきプロジェクトであると思います。ですが、どこに耳を傾けても、従来型の街づくり、従来型の都市開発の声しか聞こえてきません。
コンピューターの計算能力は信じられないような速度で向上しています

人工知能にとってどこまでの影響を与えるかはまだ分かりません

関係者の方にはぜひ、ここまで述べてきた私たちスマート·インクルージョン研究会の考えを取り入れていただき、新たな発想で各種施策を実行·実現していく度量と勇気を持っていただきたいと、切に願っています。
2020年の東京オリンピック·パラリンピック選手村を、日本のIoT¥Al技術の集積による「スマート·シティ」「スマート·コミュニティ」のモデルルームショーケースとして打ち出すことは、技術立国としての日本の世界でのプレゼンスと経済成長を手に入れる千載,遇のチャンスなのです。
私たちはどちらの未来を選択するのか?
先に述べた「自動化されていく時代を牽引していくのは、間違いなくIoT¥AIです。
障害があってもなくても平等に生きていける社会「インクルージョン」を実現するためには、T/A-の力が必要です。

Tagged as: , ,