コンピュータやネットワーク機器を使う以上

人工知能が意識し送電設備を支配するようになっていき

人工知能という言葉が生まれたのは61年前
そのニーズをきちんとフィードバックできる真の顧客ニーズを探る点に、介護ビジネスのこのお話を伺った時、私の頭には、「ならば、個々にではあるけれども、それぞれに障害を抱えて、既に社会で生活をし、不自由を抱えている、身体·知的·精神·視覚·聴覚障害、難病の人たちがいるではないか?という考えがよぎりました。その人たちからは、まさに必要とされるニズを直接聞くことができるのではないかと思ったのです。
また、知的障害者を持つ人たちの場合、認知症と同様に本人からのニーズは聞きにくい場合もありますが(無論そうでないかたも大勢いらっしゃいます)、私たち知的障害を持つ子の親が、そのニーズを十分に把握し、伝えることが可能です。

そして当然ですが、それを考えるためには、何が自分にとって幸せなのかを明確にする必要があります人工知能を知ろうとすることは、自分自身の探求に他なりません。モノやサービスが豊富に存在する日本では特に、幸福が何かを意識することは案外少ないかもしれません。しかし、人工知能がさらに浸透していくこれからの社会では、それを明確にした上で主体的な行動をとることこそが求められるのではないかと思います。残念ながら、我々個々人の幸福について、いくらSiriやGoogleNowに問い合わせても正しい答えは返してくれません人工知能を知ることで自分の生き方を考える、それこそが「教養としての人工知能です社会の自動化という局面では、非常に重要な要素となると考えます。
AIのもととなった技術はかなり昔から脈々と受け継がれ

人工知能部について言えば多層

なぜなら、それぞれに障害を持って生活をしている障害者の視点こそが、社会の自動化というトータルの社会システムでは、市場ニーズそのものであるからです。IoT·インダストリー4.0の時代の商品開発ニーズは、まさに「障害者に訊け!」ということなのです。
障害者は「高齢者の先輩」
である同じようなことが、高齢者介護の世界においても言えます。IoT、AI、ロボットの応用分野といえば、すぐに、介護現場が思い浮かび、実際、多くの投資も既に行われています先日、ある介護ビジネスの会社社長の講演を聴いていた際、その社長が、「介護ビジネスの面白さ、難しさというのは、私たち自身がそのサービスの顧客になれないところにあります」といった趣旨のお話をされていました。

人工知能のレベルから言えば


AIの脅威セル君

それは、介護ビジネスの顧客になるためには、既に介護が必要な状態、つまり歩けなくなったり、寝たきりになったり、あるいは認知症を発症している状態でなければ、そのサービスを受けられないということです。
つまり、そのサービスの顧客になる時には、既に、状態ではないことが多いということです。ですから、面白さと難しさがある、と言われたのです。
人工知能の歴史の分岐点に立っていると行っても良いでしょう

コンピュータ発明でも重要視された

そのニーズをきちんとフィードバックできる真の顧客ニーズを探る点に、介護ビジネスのこのお話を伺った時、私の頭には、「ならば、個々にではあるけれども、それぞれに障害を抱えて、既に社会で生活をし、不自由を抱えている、身体·知的·精神·視覚·聴覚障害、難病の人たちがいるではないか?という考えがよぎりました。その人たちからは、まさに必要とされるニズを直接聞くことができるのではないかと思ったのです。
また、知的障害者を持つ人たちの場合、認知症と同様に本人からのニーズは聞きにくい場合もありますが(無論そうでないかたも大勢いらっしゃいます)、私たち知的障害を持つ子の親が、そのニーズを十分に把握し、伝えることが可能です。

人工知能への投資に踏み切りました


人工知能の生態系の中
私たちも高齢化すれば、徐々に目が不自由になり、耳も遠くなり、また、認知症などで、判断力や記憶力が衰えてきます。それらを障害と言い換えれば、それぞれの障害を既に抱え、不自由を抱えながら社会を生きている人たちが、既にたくさんいる、ということなのです。
まさに、「高齢者のいわば先であれば、輩」である、私の娘のように障害を抱えて生きる人たちの視点は、ということができるのです。
コンピュータに持たせ現実とインタラクションすることが大事ではなかろうか

ロボット病棟プロジェクトの始動の背景

そうはいっても、一見、障害とテクノロジーは、つながりを連想することが難しいだろうと思います。しかし商品開発においては、この障害者の視点こそが、極めて重要な役割を果たすことは日本以外では既に知られ、実践されています。
IKEAはなぜあんなに人気があるのか?
日本でも人気のあるスウェーデン生まれの雑貨家具店「IKEA」。実はこのシンプルで美しくかつ安価なIKEAの商品は、元をたどれば、スウェーデンの障害者施策から来ているといわれています。
969年にスウェーデンが世界に先駆けて障害者法を制定しました。

Tagged as: ,