愛撫を待っていました

デリヘル嬢は乳首を自らの手で捻ってしまいたい欲望すら湧いていたのだ

とてもやりがおじさんから電話をもらった翌日。机上にある、真っ白な原稿用紙に鉛筆で、ゆっくり人物を入れ始めた。漫画雑誌の締め切りは4日後なので、精神的に、まだまだ余裕がある。なんども、なんども原稿を裏返しては、顔のバランスを確かめながら丁寧に、自分が満足できるようにキャラクターになるまで、命を吹き込む。..たぶん、流の漫画家。もしくは、これから世に出てくる新人漫画家は、こんな感じで漫画原稿を進めていくのだろう。

勃起していた光太郎のモノがその瞬間クリトリスを挟むぜひトライしたい私にも、そんな時代は、確かにあった。新人時代だ。29年年以上も前か.3流大学を卒業してみたが、やりたい仕事もなく、思い付きだけで、描いてみた漫画作品を、漫画雑誌の賞に応募してみたら、まぐれで入選。毎週、自分の描いた漫画が全国の書店に並ぶという大きな希望だけを胸に田舎から東京に出てきて漫画家になってみたものの、待っていた現実は、ヒット作には恵まれず、漫画家なんて名乗るのも恥ずかしい日々.その日暮らしの便利屋作画家。編集者に、ラブコメブームだからと可愛い女のコを描けば掲載させるよ、言われれば、ラブコメのヒット作品を模写して、連載をいただき、4コマなら掲載してあげるよと、言われれば、その場で、「がんばります」と、連載をいただき、医者の漫画か、金融関係の漫画の漫画が描けないかと、言われれば、海外の医者、金融関係の小説を読みあさり、似たような作品で掲載してもらう。便利屋にもほどがある。すでに漫画の神からは見捨てられた。

 

亀頭をぴっちりと覆うと風俗嬢の横顔は

しの華と呼ばれるデパートガールたち。職場には男性社員の姿も多く、一見、出会いがいろいろありそうだが、そうではなかった。お辞儀の角度まで厳しく躾けられる職場では、恋愛を楽しむことなど、決して許されない行為だったのだ。「販売員同士は、ストック場でも私語厳禁。しかも、他の売り場とはまったく交流がないんです。クリトリスを擦りあった出会いの少なさでは、一番だと思いますよ」こう話すのは、大手デパートで働く斉藤由美さん「26歳仮名以下同」だ。「これまで一度も飲み2年前から紳士用品売り場を担当しているが、周りにいる男性販売員とはに行ったことがない」という「唯一、仲良くなれるのがお客さん。とくに一緒に商品を選ぶときなんか、なった気分になれますその人の彼女に実際、今年の春先、40代の男性と一夜限りのデパートの恋に落ちた。見た目は冴えないオジサンだったけど、今度、転職するので、身の回りのものを新品にしたいということで、私がコーディネイトしてあげたのです。財布に名刺入れ、ハンカチ、ネクタイそしたら、だんだん私好みのオジサンになってきちゃって。彼も自分に自信がついたのかな。

    1. ローション塗りつけた後は嬢が全身を舐めまわしてきた
    1. セックスしたくなるのでそれで
    1. 射精を目の前にして放り出された様子がありありと伝わってくる

エクスタシーに達しました

「彼女と別れたくないからって、リストカットしてるみたいだし!!」「えっ??どういうこと?」「裕ちゃんが別れるくらいなら一緒に死のうって言ってるみたいで!!」私はカナリ動揺しながら話した。「えっ?でも彼女の家とかに来てるわけじゃないんでしょ?」「違う今一緒に居るんだよ!!」「はぁ?裕ちゃんと??」「うん、裕ちゃんから死ぬってメールが来たらしく、それ見て彼女が会いに行っちやったんだ!!」「マジで??」セフレもそれを聞いて動揺を隠し切れない。「それで今彼女から電話きて、助けてって」「助けてって??何かされたの??」「まだ何もされてないみたいだけど、今ホテルに居るんだって!!」「ホテル?」「うん、裕ちゃんがお風呂に入ってる隙に彼女が電話してきたの!!」「それで全然場所はわからないの??」わからない!!そんで今電話してたらいきなり切られたんだよ!!」「えっ??やばくない??」「うん、どうしよう」だけど私達はどうしたらいいのかわからず焦った「とりあえず彼女に電話してみる!!」私はすぐに彼女に電話をかけた。電話に出てよ!!プルルルルルー何度もコール鳴り続く「ダメでてくれない」私はセフレも見た。「マジで?じゃあ」「どうしよう」「実花!ヤスに電話してみて!!」「ヤスに??」「一応裕ちゃんの友達だもんヤスに電話してもらおうよ!」「確かにそうだね!!電話してみる」そして今度はヤスに電話をかけたプルルルル-.「は~い??」ヤスがすぐに電話に出た。
クリトリスのリングを少々乱暴に引っ張った

オナニーオプションをしている

あっ!ヤス助けて!!」「イ可?どうした!!」私の慌ててる様子聞いて、ヤスにも緊張感が伝わる。「彼女が裕ちゃんに殺されるかもしれない!!」「えっ!!裕に??」「うん、今彼女から電話きて!!殺されるって!!」「マジかよ!!」「どうしよう!!途中で電話切られてそれから連絡取れない!!」「わかった!!じゃあちょっと俺今、裕に電話してみるから!」おっ、お願い!!」「おう!!すぐまたかけ直すから!!」「うん!!」ツーツーツー「何だって??」電話を切った私にセフレが状況を聞いてきた。「本当!!出てくれたらいいんだけど!」私もセフレも心配で仕方なかった。その間も彼女に電話をするが出ない.何で裕ちゃんなんかに今更会いに行くのよ!!」セフレがイライラしている.。こんな事になるならもっとあの時強く彼女に言えば良かった」私は彼女を裕ちゃんの所に行かせてしまった責任を感じていた。