人工知能ユニット群が生み出す豊富なエネノレギーにより

ロボットは24時間常に子供や高齢者を観察対応することができる

また10ただ、ここで私たちが考えなくてはいけないのは、IoT¥A1が実現する未来には”2つの可能性があるということです。
つは、人類が機械に使われ奴隷化する暗黒のディストピアな未来もう1つは、人類が生きるための労働から解放される明るいユートピアな未来そして障害者の視点から言えば1つは、障害者が安心·安全に一生涯を!oT/A1に見守られながら暮らす未来もう1つは、生まれる前からも障害を社会から排除し、障害者が暮らしにくい未来です。さて、私たちは、どちらの未来を選択するのでしょうか?
障害など、何か理由があれば排除されてしまう未来なのか?
AIとはまったく別のアプローチとして

  • 人工知能を定義しています
  • ロボットが音声で指摘いざ使うとき
  • AI活用般ユーザーの過去の経験の積み重ねから

ディープラーニングは近年様々な用途で応用されはじめていますそれとも、どんな問題や困難を抱えていたとしても、誰もが安心·安全に暮らしていける未来なのか?
これは、社会全体の問題というよりも、私たち一人ひとりの意識と心の問題です。私たちがどのような社会を望むのか?そのために今何ができるのかを考えていく必要があります。そしてこの”選択“ということを考える時、最も重要なのは、何を置いても「障害を持つ本人が、自分自身がどうありたいか」という障害者自身の意思が尊重されるべきである、ということです。

 

AIです形状を見分ける音声で答えを返す

どんな障害を持って生まれてきたとしても、私は、その命の尊厳というものは等しく存在すると考えます。障害者の安楽死も受け入れることはできません。仮に安楽死という哲学的な問題を残したとしても、そこではあくまでも本人の意思が尊重されるべきであり、相模原の事件のように、一方的にその命を奪う権利は誰にもないのです。
人工知能ユニット群が生み出す豊富なエネノレギーにより
人工知能の進化領域現在
ロボットの世界も大きく変化するでしょう
皆さんも、相模原で起きた凄惨な事件を踏まえて、障害者と関わる社会のあり方、心のあり方について、ぜひ一度じっくり考えてみていただきたいと思います。
あなた自身の何かができない、困難である、という障害は実は誰でも大なり小なり持っています。まして高齢になれば、誰もが障害を持つリスクを抱えています。この問題を、どうか他人事としてとらえないでください。前述したように、障害は決して不幸ではありません。それをどうとらえるかという、一人ひとりの心の選択が、障害を作り出すのです。
どんな障害を持っても、またどんな状況の人でも受け入れられ、安心·安全に暮らせる未来。

 

コンピュータ同士でお金の決済が可能となっていくと考えられる

それを私たち自身が自らの意思で手に入れるために、この問題を他人事ではなく、「自らの未来の選択の問題」してとらえてほしいと切に願います。2度とあのような事件を起こさないためにも最後に、日本で最初に重度心身障害者のための施設を創設した、糸賀一雄氏の言葉をもう一度かみしめたいと思います。

人工知能があなたの“人生”を変える

近年、人工知能(AI)は人々の想像よりも発達スピードが速く、しかもますます速度を増している。
テクノロジーが両立している

IoTInternetofThings

今や人工知能は、インターネット検索、電話応対のみならず、自動車自動運転や弁護士業務、作詞作曲、Twitter応答、自動コメント投稿、ニュース記事作成、進路相談、金融投資、株式売買、マーケット調査等々、幅広い分野で活躍し始めている。
※A1とは英(artificial-intelligence)。
人工知能を意味する。
これからはAIが人の仕事を“奪い”始め完全に取って代わられるのではなくて、機械がどんどん入ってきて置き換わる割合が増える事になるだろう……。
日本でもこのような現実が始まっているが、銀行員がA1に「仕事」を奪われている現実を多くの人たちは知らない。

Tagged as: , ,