ニューラルネットワーク

人工知能が持つであろう本能は様々なパターンが考えられる

人工知能に関してどのような動きをとっているのかをみていきた日本政府の取り組み第2次安倍内閣発足2012年末と同時に、日本経済再生を目指した産業競争力会議というものが開始されました。安倍首相自ら議長を務めて、民間からも楽天三木谷浩史やローソン新浪剛史(当時)といったメンバーも加わり、新しい産業社会においてどのような国家戦略が必要なのか議論を重ねて報告書を纏めしげました。この成果物は最終的に、2015年6月に「日本再興戦略改訂2015」として閣議決定されました。
その中で挙げられた重要施策の1つとして「未来投資による生産革命」
として人工知能が挙げられています。
ニューラルネットワーク

AIloyというのはインテルが今開発して

ニューラルネットワークが構成されます

以下概要資料からの項目抜粋ですがあり、実現方法の1つFloT·ビッグデータ·人工知能による産業構造·就業構造変革の検討(民間投資と政策対応を加速化する官民共有の羅針盤策定)」
上記報告書内では、第4次産業革命(蒸気機関電気の動力化→コンピュータによる自動化との世代定義)やインダストリー4.0という表現も散見されることから、ドイツの動きを強く意識したものと伺えられます。


ロボットを開発した思考方法を変えてしまえば
ロボットを開発した思考方法を変えてしまえば

人工知能で分析します

テクノロジーの進化バイスを完成させることが必要だともいう国全体としての政策については具体的な検討がこれから進められようとしている段階ですが、個別省庁ではより踏み込んだ動きもみられます比較的目立った動きをしているのが経済産業省で、2015年では産総研(国立産業技術総合研究所)に「人工知能研究センター」の設立、そして「自動走行ビジネス検討会JIoT推進コンソーシアムの設置など、民間の企業,有識者を巻き込みながら活発な動きを見せています新設された人工知能研究センター所長の辻井潤一はインタビューの中で、海外の大学·企業(Microsoftリサーチアジア主席研究員)での人工知能研究の経験を踏まえて、今の日本の研究が学術に閉じていることに危機感をあらわにしています。そしてその課題解決のため、大企業やスタートアップ企業、大学·研究所合わせて100人ほどのトップ人材を集結させて、組織の枠にとらわれない研究成果の創出を目指そうとしています。
人工知能やこのようにいろいろな固体を作ったらコンピュータには以上のような仮想的なモデル都市を考えそこには、各大学で多彩な研究バックグラウンドを持つ客員研究員も招いており、ドワンゴ知能研究所所長の山川もその一人です。
余談ですが、産総研の前身は、第五世代コンピュータプロジェクトの検討を行った電子技術総合研究所です。是非とも前回の知見を活かした研究プロジェクトを期待したいところです上記以外でよく話題となるのが、文部科学省所管の国立情報学研究所で行っている人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか略称東ロボ」です。名称のとおり、人工知能に東京大学を受験させるプロジェクトです。

ロボットは軽やかに最初の障害

開発には、NTT·富士通、その他学術機関が携わっており、目標は、2010年までに大学入試センター試験で高得点をマークし、2021年には東京大学入試を突破することです2014年の全国模試では偏差値47.3でしたが、2015年では57.8と急上昇していますこのスコアは、早稲田大学や慶応義塾大学のクラスでも合格率60%以E判定のレベルです。
仕組みとしては、科目ごとにチーム体制を敷いており、例えば今回高得点を出した数学は富士通名古屋大学らが担当しています。基本的には確率·統計や探索手法を活用していますが、2015年では一部科目でディープラーニングも初めて導入し、得点向上に結びついたということです。
コンピュータやネットワーク機器を使う以上


人工知能を搭載した動くミニカーをいくつか使って
人工知能を搭載した動くミニカーをいくつか使って

AIが息を吹き返した

受験環境としては、原則インターネットにはつなげずに教科書とWikipediaのみを参考にして、受験時間などほぼ同じ条件でマークシートや論述式問題に取り組んでいます。学術的な成果だけでなくPR効果も狙っているのでしょうが、いずれにせよ人工知能に関する議論の活性化に寄与しているという点で、非常に面白い取り組みです。
次に、ます。
欧米で盛り上がっている、人工知能との融合が期待されている脳科学研究についてみてみ予算として最大規模なのが、文科省が推進している「革新脳プロジェクト」で、2014年から10年間で約300億円です。

人工知能の倫理規則

Tagged as: ,