コンピュータ開発は社会的な対応が後手にまわれば

プログラマーやシステムエンジニアの方

求められる技術の高さゆえに、いわば実際に社会ですぐにでも必要とされてしかも、従来ニーズ対応が最も難しいといわれる知的障害者こそが、これからの1oT、A1の時代には必要とされる存在であり、IoT/AIの進化·発展のためには知的障害者の視点が必要となってくるのです。
A1こそ次世代成長産業の本命最近、オックスフォード大学が「A1によって、将来多くの仕事が奪われる」といった未来予測を発表するなど、A1をめぐり様々な議論が沸き起こっています。AIについては様々なネガティブな見解も見受けられますが、私は、A-こそ今後の最大の成長産業分野だと考えています。
これからは「AIを動かすスパコンスーパーコンピュータの性能が、イコール国力となる」
とまで言われています。
BPOサービス企業

人工知能の過去の動向を振り返ってみましょう
人工知能の過去の動向を振り返ってみましょう
コンピューターは沢山あります
コンピューターは沢山あります


ロボットに関してはもっと驚くような衝撃的な結果となったに違いない

人工知能も情報処理システムである以上

また1oTとA1により、世界は加速度的に「自動化」されていくでしょここにきて、日本の企業もようやく1oT、A1への事業参入を始めています。ですが、既に出遅れてしまった感が否めません。なぜなら、2012年の時点でアメリカのオバマ元大統領は、1OTの次世代産業化を宣言しているからです。その時から既に約5年という月日が経過しています。
日本の企業、メーカーがこの20年間陥ってきたドグマ、つまり世の中の流れを見て「やはりそうだ」と後から乗っかる「後追いマーケティング」と、各企業同時多発の「タコツボ化」。そこに大きな問題があります。

インターネットに接続される

人工知能の衝撃秩序が形成されているということと同じになる東京工業大学で生まれた「量子コンピュータ理論」(QuantumAnnealing)による次世代スパコンの芽は、カナダの会社とグーグルによって実用化されてしまっており、ロボティクスロボット工学についても、東京大学スピンアウトのベンチャーがグーグルに買収されてしまいました。
AI人間には予想不可能な未来がより詳しく解説するコンピューターワトソンを活用してただ、トヨタがそのシャフトの入ったBostonDynamics社の買収に乗り出しており、による社会の自動化に向けて、遅まきながらスタートを切ったと言えます。
再び国産技術日本に欠けている「社会デザインという視点oTとA1の技術開発においては、実は、「俯瞰図的「鳥瞰図的」
この社会デザインとも言える社会全体を見据えたな発想が不可欠となります。私が日本の企業において危惧している点は、視点が、日本はかなり弱いということです。
特に、日本はある程度高い技術があるため、その個々の技術に依拠した技術開発が進められがちです。

IoT&A!

これは現在も、多くの企業が陥っている一つのドグマです。無論、それが商品開発としては最も現実的であり、利潤追求の私企業としては当然かもしれません。
しかしながら、ことIoTとA1の技術開発においては、常に、非常に広い視野を持って高い理想を描かなければ、個々の「タコツボ」技術に終始しかねないリスクを含んでいるのです。
コンピューターの適用判断


AIを迎え撃つ二刀流翻訳術として

AIを活用する誰がやったかも特定できませんその最たる例が、日本のロボット開発です。どの企業も早期の実用化と商品化を目標としているのですが、おそらくは資金のスケールにもよるせいか、「分かりやすく」「話題性がある」というところのみに主眼が向いているように思えます。
方や、人工知能の会社であることが「アルファ碁」(AlphaGo¥グーグル·ディープマインド社が開発した囲碁のAI)で明確となったグーグルなどは、社内のディスカッションにおけるすべての提案に対して、常に「それは世界でスケールするのか?」

Tagged as: ,